今回の旅行は

2019年3月21日(木)春分の日~3月23日(土) 2泊3日の旅行です。

長男夫婦と4人旅行です(^^♪

大阪から島根県の松江城を中心に、鳥取県の米子城・水木しげるロードに行きました。

大阪からは、車で4時間弱かかります。

 

1日目の月山富田城と、夜の「水木しげるロード」

2日目は、宿泊している「松江ユニバーサルホテル」から、車で10分もかからない松江城の続きです。

3日目最終日の今日は、鳥取県の米子城・水木しげるロード他を訪れました。

 

神護山天倫寺 松平 直政が開山

格安ホテル「松江ユニバーサルホテル」で朝食後すぐに出発し、松江城から3キロもない「神護山天倫寺」を訪れました。

「神護山天倫寺」は、出雲国松江藩初代藩主である松平直政によって、開山されたそうです。

本堂には、松平家の家紋があります。

鳥取藩台場跡

島根県・松江から鳥取県・境港に向かいました。

鳥取藩が8つ築いた、鳥取藩台場のうちの1つを訪れました。

境港市にある境台場(鳥取藩台場)跡で、土塁がはっきりと残っています。

水木しげるロード再び

1日目の夜に訪れた「水木しげるロード」に、またやってきました。

夜とは、全く違う「水木しげるロード」です。

お土産屋さんが開いていて、味見を勧め呼び込みをしています。

夜よりも人が多く、とてもにぎやかです。

 

私の好きな顔出しパネルがありました。

昨日の夜、砂かけ屋の前を通ると、音と光と影の仕掛けがありました。

お昼には、その仕掛けがありません。

「悪魔くん」でおなじみのメフィストさんが、一緒に写真を撮ってくださいました。

お昼の妖怪たちは、一昨日夜の妖怪とはまた違った、陽気な妖怪たちに見えました。

でも私は、やっぱり夜の妖怪たちの方が、少し怖くて、なんとなく妖怪らしいと思いました。

アニメの歌にある♪夜は墓場で運動会♪楽しいな♪楽しいな♪♪は見れませんでしたが…(笑)

 

大山黒牛・日本一 強小亭でランチ

大山黒牛を食べに、米子城から1.5キロほどのところにある「強小亭」を訪れました。

早速ランチメニューから、Bの「大山黒牛焼肉定食」1,800円(税込)をオーダーしました。

定食ですが、コース料理のように1品ずつ出してくれます。

まずは、ミニサラダからです。

それから小鉢です。

そして、牛骨卵スープです。

ライスは、「特選ガーリックライス」か「牛そぼろごはん」か選べましたが、私たちは「牛そぼろごはん」を選びましたが、他のお客さんの「特選ガーリックライス」の方が、鉄板のまま出てきて、とっても美味しそうで後悔しました。

いよいよ、メインの「大山黒牛の焼肉とホルモン三種盛り」です。

とっても美味しかったです。

でも、ご飯の量もお肉の量も、食いしん坊の私達には少々足りなかったです。

良いお肉なんですから、仕方ないですね。

量より質です!!

米子にお越しの時は、大山黒牛日本一の賞を取られた「強小亭」さんの大山牛を、ぜひ一度召し上がってください。

続日本100名城・169番・米子城

なぜ日本100名城に、鳥取県では「鳥取城」が選ばれたのに、「米子城」は選ばれなかったのか?

なぜ米子城が、日本100名城なのか?

そう誰もが思っていると信じたいぐらい、素晴らしいお城であることが、この記事をご覧いただいた方に伝わってほしいと願っています。

 

登り始めてすぐに、「登り石垣」の説明板あり、「登り石垣」が見られます。

この日の米子のお天気は、午前中に雨が降り、お昼を過ぎても天気はどんよりとしていました。

どんよりとしたお天気の中、私たちは米子城を上っていました。

せっかくの景色も、曇って見えません。

大山(だいせん)も雲に隠れて見られませんでした。

 

しかし、米子城を一通り見て下りてきたころ、お天気は良くなり青空が見えてきたのです!

どうしても、米子城から見える大山(だいせん)を見たかった私は、下りて来たばかりの米子城を、もう一度、長男と上ることにしたのです。

本日1回目は、お天気はどんよりしていました。

大山(だいせん)が見えました!2回上った甲斐がありました!!

米子城から大山がはっきりと見えました。

りっぱな石垣の向うに、米子の町を見下ろし、そして雲に紛れて大山(だいせん)も見えます。

天守や櫓といった建物こそ残っていませんが、石垣はしっかりと残っていて、米子城の見どころはここにありと言わんばかりの壮大さです。

人が小さく見えるほど、高い石垣です。

景色と石垣が、最高の米子城でした。

お天気に感謝して、本日2回目の米子城を下りました。

頑張って2回上ってよかったです(^O^)

最後に。車窓から大山が

帰りの車から、大山が見えました。

まるで大山が私たちを見送ってくれているようでした。