明石海峡でブリを釣ってみたいです

年末、私たちは、釣り好きの次男ではなく、珍しく城好きの長男夫婦と4人で、元旦の明石海峡のジギングの計画を立てました。

長男夫婦は、起きれないといけないのでと、大晦日から泊まり、早々におせちを食べながら、YouTubeの明石海峡ジギングの動画を見てワクワクしていました。

テレビって、いつも、いとも簡単に、大物を釣り上げるので、いつも自分も釣れそうな気がしてしまいます(笑)



あまり上手ではありませんが(・・;)おせちは手作りです。黒豆も炊きました。

ブリの照り焼きも入っています。明日、ブリが釣れたらいいなー♪

初ジギング ジグって高くてビックリです

旦那と、船長さんから聞いた、重さとカラーのジグを買いに、近くの釣具屋さんに行きました。

120グラムと230グラムのジグで、カラーは赤金とか銀とかって、おっしゃられていたので、とりあえず4人で2種類買うとすると、8本が必要になります。

重いジグほど高く、1つ買うのに1,300円ぐらいはします。

それに、フックも釣具屋さんが必要だというので、2個入りで1,500円するフックをいくつか買いました。

この日、2万円ほどの出費をし、元旦のジギングに備えました。

4時半頃到着 早過ぎました

6時出船なのに、船に乗り慣れない私たちは、乗り遅れてはいけないと、4時半ごろに到着しましたが、まだ、だれも来ていません。

しばらくすると、もう1台車が来ました。

5時半ぐらいに、ようやく人が集まり始めました。

私たちも、レンタルの竿の料金と乗船料を支払い、乗り物酔い止めの薬を飲んで、出発を待ちます。

竿のレンタル料は、2,000円ぐらいで、乗船料は8,000円ぐらいで、合計一人1万円ほどだったと思います。

いよいよ出船、元旦の初日の出が美しかったです

まだ暗い中、6時半ごろ出船しました。

船は、スピードを上げ明石から、神戸の方面に進みます。

20分ぐらい進んだでしょうか、明石海峡大橋が近づいてきました。

対岸は、淡路島です。

明石海峡大橋をくぐり神戸の沖に、明石海峡大橋を背に、橋はどんどん小さくなっていきます。

7時10分頃、船の上から見る初日の出は、とても美しかったです。

いよいよジギング開始

かなりの時間、明石から大阪方面に進んできました。

大阪湾まで、来たのではないでしょうか?

 

最初のポイントに到着しました。

底まで、ジグを落として、シャクリながら巻き上げていきます。

230グラムのジグが高かったので、それより少し安い250グラムのジグを買いましたが、重い…何度も何度も、そこに落として巻き上げました。

全然、反応がありません。

頑張って、何度も何度も、落として巻きます…重い…

何度もポイント移動しながら、明石方面に進みます。

腕が痛くなり、みんな小さい120グラムのジグに付け替えていました。

 

旦那の竿に反応が!

ブリかな…残念!タチウオでした!!

周りでも、タチウオの反応はあるものの、誰もブリやハマチの青物を釣っている人はいませんでした。


全てのジグをロストしました

大阪湾付近では、底についたことが、なんとなくわかって巻き上げていましたが、明石海峡大橋付近では、潮の流れが速く、底を取ることができなかったのです。

潮の流れで底を取れなかったり、お祭りしたり、私たちは、ジグをどんどん失くしてしまい、そしてついに全部のジグを失くしてしまったのです。

まだ途中なのに、釣りができなくなってしまいました。

あぁ、2万円が…明石海峡に飲み込まれてしまいました。

本日の釣果 明石海峡でのジギングはハードルが高かったです

私…ボウズ( ;∀;)

旦那…タチウオ2匹

長男…ボウズ( ;∀;)

長男嫁…ボウズ( ;∀;)

 

帰ってから、長男夫婦と4人で、ブリのお刺身は食べれなかったですが、買っていたカニで、お正月の続きをしました(笑)