いよいよ福井へ出発

2018年10月20日、午前4時、次男君の家に迎えに行きました。

今回の予定は、初日はテント泊、二日目は、少し贅沢をして、敦賀の宿(二食付き)で宿泊予定です。




いつも節約旅行なので、高速道路は使わず、出来るだけ下道で行きます。

今回は、高速、有料道路、一切使いませんでした。

 

もちろん、初日の朝ごはんと昼ごはんは、手作りのお弁当です。

そして、ガスバーナーコンロも持参して、コーヒーとカップラーメンも用意しました。

 

敦賀の宿は、楽〇トラベルで「目の前で釣りができます」と、ありましたので、「寝る」「食べる」「お風呂」以外は、のんびりと、宿の前の海で釣りをして過ごす予定です。

 

和田漁港

和田漁港と当日のデータ

釣行日時:初日2018年10月20日(土) 朝9時~お昼ごろ

住所:福井県大飯郡高浜町和田

釣り場の特徴:大きな無料駐車場があり、足場も良く、車を横付けして釣りができるポイントもあります。

隣接の「はまなすBBQパーク(夏季の一定期間のみ営業)」のトイレが利用できます。

アオリイカの他に、投げ釣りでキスやカレイ、フカセ釣りでグレ、テトラの穴釣りではガシラ、メバル、アコウなどが釣れるそうです。

いよいよ釣り開始

風がきつくて、寒いです!

大阪の土曜日の釣り場ではあり得ないほど、釣り人はまばらです。

初イカ釣りを夢見てきましたが、とりあえず、青イソメで釣り開始です。

 

釣果

かわいいカワハギ君が数匹釣れ、リリースしました。

このカワハギ君、地元のスーパーで、詰め放題189円で、サンバソウ詰め放題189円とともに、売られていました。

大阪では見られない、スーパーでの光景でした。

 

和田漁港では、駐車場の車のナンバーは、京都や大阪が多く、地元の方は、ほとんどおられなかったように思います。

さて、和田漁港から、次の釣り場・兼・寝床、に向かいます。

 

犬熊港(いのくま)

犬熊港と当日のデータ

釣行日時:初日2018年10月20日(土) お昼2時頃~翌日

住所:福井県小浜市犬熊(いのくま)

釣り場の特徴:この時期、外向けの波消しブロックでは、エギングされてる方がおられました。内向きでは、サビキ釣り、ウキ釣りなどされている方が多かったです。

地元の方も、観光の方もいらっしゃったように思います。

男女別の水洗トイレはありますが、女子トイレは和式の個室1個で、あまりキレイとは言えません。

駐車場もありますが、清掃協力金1,000円が必要です。

係の方が徴収に、夕方と翌日の朝、来られました。

もちろん、1度払っていたので、翌日の朝来られた時は、昨日払いましたと言い、払いませんでした。

 

いよいよ釣り開始

外向けの方が釣れそう!でも、外向けの波消しブロックは、上がってみるとかなり怖いです。

それでは、堤防からブロック越しに投げてみようとしましたが、当たり前かもしれませんが、無理でした。

という訳で、内側の安全なところで釣りをすることにしました。

青イソメで、投げ釣りしたり、胴突きで足元の様子を見てみましたが、やはりここでも、かわいらしいカワハギ君が遊んでくれただけでした。

 

犬熊でテント泊

清掃料金1,000円払ったので、無料のところよりは安全だと思い、今夜はここで、一晩過ごすことにしました。

 

夕方ごろから、エギングの方が何人も来られ、皆さん慣れた様子で、波消しブロックをまるで階段のように行ったり来たり、投げてはシャクり様子を見ては、波消しブロックを上ったり降りたりされていました。

私も負けじと、エギを投げ、下手くそながらシャクっては待ちを繰り返しました。

初のアオリイカが釣りたくて、ここまで来たんですから、釣れなくてもへこたれないぞ!と、頑張りました…

あまり眠れず、起きている時間はほとんど、投げてみました…釣れませんでした(´;ω;`)

 

夜中の青イソメの置き竿ではヒトデばかりが大量に付いて、波消しブロックの穴釣りにはゴンズイばかりが…

恐ろしい夜でした。

 

でも次男君が、珍しい魚を釣ってくれました。

いや、引っ掛けてくれました。

大きな鱧(ハモ)です!!

夕まずめ~夜にかけては、見る限り、誰もイカを釣っていなかったと思います。

 

テントで3人で寝ていると、夜中の12時頃でも、釣り人がやって来て話声で目が覚めてしまいます。

起きて釣りをして、またテントで横になり、話声で目が覚めて、また釣りをして…を繰り返していました。

 

朝5時頃、地元の若い方たちがエギングにやって来てました。

さすがに地元の方です。

お二人の方が、見事にアオリイカを釣りあげられました。

 

釣果

結局、アオリイカは釣れず、リリースしたカワハギと、そして、次男君が引っ掛けた大きな鱧!

地元の人も、穴子と思われたみたいで、鱧ハモと聞いてびっくりされていました。

ハモは、朝、締めて内臓を出して、キッチンペーパーでミイラのように包み、保存袋に入れ、氷で冷やして大阪に持って帰り、調理師の免許を持つ次男君が調理してくれて、天ぷらで頂きました。

 

さて次は、今日宿泊予定の敦賀に向かうことにしました。

宿の前では釣りができるとありましたので、チェックイン前に到着して、釣りをするつもりです。

 

宿のうたい文句に騙された

楽〇トラベルでの、宿の「釣りやボート等を目の前で楽しめます」のうたい文句を信じて行ってみると、船が止まっていて、砂浜の浅瀬で、わずか10mから20mほど先に、小さな一文字があり、そこに行かないと、浅瀬になっているので、とても釣りなんかできないところでした。

口コミは総合4.7 料理4.7とかなり期待していたんですが…

「目の前の海で、釣りができる」というのは、船で渡らないと釣りができないない場合も、「目の前で釣りが出来る」と、いうのでしょうか?

 

宿のご主人に一文字への渡し賃を聞くと、一人2,000円だそうです。

とてもじゃないけど、2,000円も払う価値無しの、岸からの近さ!

 

宿のご主人に、着いて早々、「チェックインまで、車止めさせてもらって、前で釣りをさせてもらっていいですか?」と聞くと、ご主人は「どうぞ」と言いましたが、やれるものならやってみろ、ということだったんでしょうか?

 

二日目と三日目は宿の前で、釣りをする予定だったので、出来ないと分かり、宿から離れて、チェックインまで、別の敦賀の釣り場に向かいました。

そして、釣りが目的の今回の旅行では、釣りができない宿に、長居は無用です。

朝食もついていましたが、「朝食はいりません。朝早く出るので、夜のうちにお支払いします。」と言って、次の日の朝4時に出発しました。

食事の口コミがとても良かったので、宿を探した私としては残念で、期待外れの不愉快な思いを、家族にさせてしまいました。

 

敦賀新港・鞠山(まるやま)北魚釣り護岸

気を取り直して、敦賀新港にやってきました。

敦賀新港・鞠山(まるやま)北魚釣り護岸と当日のデータ

釣行日時:二日目2018年10月21日(日) お昼1時頃~夕方5時ごろ

住所:福井県敦賀市鞠山

釣り場の特徴:無料の駐車場があり、足場も良く、ファミリーがたくさんおられました。大阪のコスモスクエアを小さくしたような感じです。男女別の水洗トイレと障害者トイレはありますが、あまりきれいではありません。この辺りでは、人気の釣り場のようです。

足場の良い柵のある護岸は、満員でした。

釣具屋さんのアオリイカ情報

敦賀新港に来る前に、釣具屋に寄り、アオリイカの釣果情報を聞きました。

どうやら、1カ月遅かったようで、ピークは9月で、今は渋いとのことでした。

でも、釣れないことはないので、やってみるしかないと言われました。



いよいよ釣り開始

足場の良い柵のる護岸は、満員でしたので、足場の悪い波消しブロックで、ウキ釣りを始めました。

波消しブロックでは、フカセ釣りでグレ20センチぐらいを釣っておられる方がいました。

夕方になると、波消しブロックには、エギングやジグサビキをされる方が来られました。

私は、足場の悪いブロックの上では、とてもエギングする気にはなれませんでした。

撒き餌をする道具がなかったので、今日は様子伺いで明日、再度来ようということになり、何も釣れないままに宿に戻りチェックインしました。

 

再び敦賀新港・鞠山(まるやま)北魚釣り護岸と当日のデータ

釣行日時:最終日2018年10月22日(月) 朝4時頃~お昼2時ごろ

早朝にもかかわらず、そして平日スタートの月曜日にもかかわらず、足場の良い柵のる護岸は、人でいっぱいでした!

手前の長い帽子の方は、タコを釣っておられました。

 

再び敦賀新港で釣り開始

次男君は、昨日のフカセ釣りでグレを釣っておられる方を見て、今日はグレ狙いです。

次男君は、調子よくグレを釣っていきます。

せっかく福井まで来たので、私は諦めつかず、エギングをひたすらしました。

旦那は、サビキをしたり、ちょい投げをしたりしています。

周りでは、エギングの方がほとんどでしたが、誰もイカは釣れていないようでした。

イカ釣りタイムが終わると、ショアジギングをされる方が多くなりましたが、見たところ大きなエソしか釣れていないようでした。

 

最終日の釣果

私と旦那はボウズでした( ;∀;)

次男君は、グレとサンバソウとアイゴを釣りました。

アイゴは毒があり、匂いもあるのでリリースしました。

次は、どこに行こうかな?

釣れても釣れなくても、旅は良いもんです。

なんて、負け惜しみでした(笑)