とっとパーク小島と当日のデータ

釣行日時:2018年11月21日(水)平日 朝6時~夜7時過ぎ

場所:大阪府泉南郡岬町多奈川小島・とっとパーク小島

営業時間:3月~11月・午前6時~午後8時、 12月~2月・午前7時~午後6時

定休日:金曜日(祝日除く)・12月31日~1月2日

入園料:1,500円(終日) 、1,000円(午後3時以降)

釣り場の特徴:トイレはキレイで、食堂、売店があり、ゴミ箱と、真水が出る蛇口が、数か所がある他、包丁、まな板もあり、快適です。

魚影は濃く、釣れる魚種は、豊富で、人気の海釣り公園です。



今日は、旦那と次男君の3人で「とっとパーク小島」に来ました。

先日11月3日(土)文化の日は、4時半頃に到着して、満席でしたので、今日は真夜中の0時過ぎに出発し、到着したのは、夜中の2時半頃でした。

「とっとパーク小島」では、駐車場に番号があり、1番から順番に駐車します。

私たちの車は、12番に駐車できました。

仮眠しようと、毛布を持参していましたので、順番確保の後、3人とも少し眠りました。

来月の12月から、営業時間が短くなるからでしょうか?

平日にもかかわらず、深夜から順番待ちをされています。

 

朝5時になると、1番に止まっている車から順番に、整理券が配られます。

この日は、5時前には配られ始めました。

私たちは、18番、19番、20番でした。

いよいよ開園

朝5時40分、ようやくシャッターが開きました。

私たちも、整理券と釣具と回数券を持って、中に入っていきます。

中に入ると、自分の整理券の番号を、呼ばれるまで待ちます。

1番から20番までが呼ばれ、一旦、入場をストップして、21番以降の人は、20番までの人が、席を取るまで待ちます。

私たちは、18番~20番だったので、1回目に入れました。

2時半から待った甲斐が、ありました。

平日の水曜日でもほぼ満員

良いお天気になりました。

平日の水曜日でも、この混雑です。

いよいよ釣り開始

私たちは、大阪側の階段上り口付近に、席を取りました。

階段を降りるときに右手が大阪側、左が和歌山側になります。

 

私たちは、呑ませ釣りの餌になるアジを釣るために、サビキを始めました。

釣り始めは、アジの回遊が無く、釣れませんでした。

かわりに、大きなアイゴが2匹掛かりました。

次男君は、こともあろうか、この毒のあるアイゴを、足で蹴って、海にリリースしたのです。

靴の上からで、軽傷ではありましたが、足の親指を、刺されてしまいました。

 

とっとパークの方に、アイゴに刺されたことを伝えると、刺されたところを、お湯に30分ほどつけておくと、痛みが和らぐと、教えていただき、ポットのお湯を頂きました。

幸い、靴の上からだったのと、皮の厚いところだったので、痛みは時間が経てば、なんとかおさまり、ホッとしました。

とっとパークの方には、消毒薬もお借りして、感謝しております。

 

釣りをしていると、色々な毒のある生物と、遭遇することがありますが、注意して、慎重に取り扱わなければと、改めて思いました。

 

アジが釣れ始め、次男君はエビでガシラを釣りました。

次男君は、釣ったアジを使った呑ませ釣りで、エソを釣りました。

私と旦那も、呑ませ釣りをしましたが、アジが元気に泳いでいるだけです(-_-;)

 

私たちの大阪側の並びに、凄く釣りの上手な方がおられました。

その方は、大きなスズキと、ハマチ4匹を釣りあげられておりました。

ハリス5号・タナ2ヒロだそうです。

 

その大爆釣の方は、私たちと同じように、大阪側で、私たちと、ほんの2mほどしか、離れていない場所で、同じように、活きアジで呑ませ釣りでをされていました。

かたや、大阪側で呑ませ釣りで、次男君のエソしか釣れていない私たち…

腕前の違いが、顕著に表れていました( ̄▽ ̄;)

 

余りの釣れなさに、この時点では、旦那は「つまらん。」を何回も言っていました。

 

いよいよタチウオタイム

「とっとパーク小島」の昨日の釣果情報では、タチウオが釣れていました。

さて、今日はどうでしょうか?

 

タチウオ王を名乗って、うっとおしい旦那が、にわかに張り切り出し、キビナゴのウキ釣りを始めました。

次男君は、今日は、タチウオはやらないと言い、アジの呑ませ釣りと、サビキと、青イソメを続けてしています。

そして私は、初めて、キビナゴのウキ釣りをしました。

 

旦那のウキに反応が…タチウオが来ました!

それを見た次男君も、太刀魚ゲッターを投げ始めました。

 

私のウキにも反応が…タチウオのウキ釣りが、初めての私は、上手く合わせることができず、なかなか釣りあげられませんでした。

その後も、何回もウキが沈むものの、合わせることができませんでした。

私が、そうこうしている間も、旦那は調子よく、釣りあげていきます。



何度アタリがあっても、釣りあげられずにいましたが、ようやく私も、ウキ釣りでの初タチウオを釣りあげました。

サイズの良いタチウオが釣れたのですが…隣で次男君が、カワハギ狙いの仕掛けをした竿を置いていて、釣りあげたときに、その竿と、お祭りをしてしまいました。

旦那が、外してくれましたが、時合を逃してしまったかもしれません。

その後、次男君も、太刀魚ゲッターで、タチウオを釣りあげました。

そして、私のウキ釣り仕掛けを使って、次男君も、初めてウキ釣りで、タチウオを釣りあげました。

本日の釣果・タチウオ以外

私:アイゴ2匹、アジ大量

旦那:アジ大量

次男君:エソ1匹、ガシラ1匹、グレ2匹、アジ大量

本日の釣果・タチウオ

私:初ウキ釣りでタチウオ1匹

旦那:タチウオ8匹・ウキ釣り

次男君:初ウキ釣りでタチウオ1匹、太刀魚ゲッターでタチウオ1匹、計2匹

3人で、11匹の釣果でした。

アジは50匹いました。

大きなアジ1匹とグレ2匹は、塩焼きにしました。

そして、残り49匹は、干物にしました。

このアジ、「とっとパーク小島」で、内臓を取るついでに、49匹全部、腹開きにしました。

「とっとパーク小島」は、包丁とまな板を、置いてくれているので、新鮮なうちに調理でき、家の台所を汚さないで済むので、助かります。

タチウオを8匹釣った旦那は、また、タチウオ王を名乗り、タチウオタイムが来るまでは、「つまらん。」と、何度も言っていたのに、最後は「楽しい。」と言ってました(笑)

そして、2日後に、友達と再び「とっとパーク小島」に行った次男君は、3連休の初日、前日泊で、整理券の番号は76番、そして、タチウオを8匹釣ったそうです(^-^)