安土城 100名城51番 滋賀県

100名城 51番 安土城

51%e5%ae%89%e5%9c%9f

安土城 どんなお城?!

安土城は、100名城の1つになっている

織田信長が天下統一を目前にして、その居城として築いた城である

1576年着工、1581年ごろ竣工、その翌年1582年(天正10年)の本能寺の変の直後に、天守閣等、中心部分が焼失したが、二の丸などは無事だったので、3年ほど城として利用されていたが1585年(天正13年)に廃城した

安土山全体が城となっていて、山ろくの平地には城下町が形成されていた

現在、残っているのは、石垣・石段・礎石などと、罹災を免れた 総見寺の三重塔・桜門・金剛二力士像(いづれも重要文化財)である

住所: 〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦

電話番号: 0748-46-4234

駐車場: 入って右手に無料駐車場、左手は市が運営する有料駐車場になっている

 

いよいよ登城!の前にお金払わなくては

<入口石碑>

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e3%81%84%e3%82%8a%e3%81%90%e3%81%a1%e3%81%9b%e3%81%8d%e3%81%b2

ここで入山料と拝観料を支払う

%e5%ae%89%e5%9c%9f%e5%85%a5%e5%8f%a3

特別拝観を入れると一人1200円にもなる

%e5%ae%89%e5%9c%9f%e5%9f%8ejpg



スポンサーリンク

いよいよ登城

お金を払うと、いきなり何段もの階段が待ち受けている

%e5%ae%89%e5%9c%9f%e5%9f%8e

 

秀吉邸

登ってすぐに、左手に羽柴秀吉邸、右手に前田利家邸があり、秀吉と利家はお向かい同士だった

%e7%a7%80%e5%90%89

<秀吉邸>それにしても立派な石垣だ

%e7%a7%80%e5%90%89%e9%82%b8

秀吉邸 立派な邸宅だ

%e7%a7%80%e5%90%89%e9%82%b81

 

徳川家康邸 = 特別拝観・ 総見寺本堂

徳川家康邸が現在の総見寺本堂であり、現在、織田信長公像の特別拝観場だ

3%e5%ae%b6%e5%ba%b7

総見寺本堂 織田信長公像の特別拝観場 入口

%e5%ae%b6%e5%ba%b71

総見寺本堂 織田信長公像の特別拝観場

%e5%ae%b6%e5%ba%b7

織田信長公像の部屋以外は、撮影可能だった

%e7%89%b9%e5%88%a5%e6%8b%9d%e8%a6%b3jpg

残念ながら、織田信長公像は撮影禁止だった

よくテレビに出てくる織田信長公像を、目の当たりにして感動した

%e4%bf%a1%e9%95%b7%e5%83%8f

特別拝観には、なんと!お茶が付いていた

%e3%81%8a%e8%8c%b6

%e3%81%8a%e8%8c%b61

 

前田利家邸

秀吉→家康→利家と回った

この順番だと階段を上がったり下りたりしなければいけない

利家→秀吉→家康の方が良かったかな?

利家と秀吉はお向かい同士だから、階段を上がったり下りたりしなくて済む

%e5%88%a9%e5%ae%b62

利家の家も立派そうだ

%e5%88%a9%e5%ae%b6

%e5%88%a9%e5%ae%b6

利家邸の前から本丸に続く階段

%e5%88%a9%e5%ae%b64

安土城では階段の所々に、石仏や墓石が使われており、築城の経緯を示すために残されている

%e7%9f%b3%e4%bb%8f

 

織田信忠邸

信長の嫡男で、本能寺の変で、享年26歳で父と共に亡くなった

%e7%b9%94%e7%94%b0%e4%bf%a1%e5%bf%a0

 

織田信澄邸と森蘭丸邸

織田信澄

信長の弟(織田信勝)の子、つまり甥

明智光秀の娘婿だったため信頼されず、信長の三男・神戸信孝と丹羽長秀に大阪城内で謀殺された

しかし、信澄の長男と、弟、信糺(のぶただ)は、家光の時代まで生きながらえた

森蘭丸

織田信長の小姓(側で雑用や護衛をすること)で、本能寺の変で、織田信長と共に死亡した

%e7%b9%94%e7%94%b0%e4%bf%a1%e6%be%84%e3%80%80%e6%a3%ae%e8%98%ad%e4%b8%b8

 

織田信雄(おだのぶかつ)公 四代供養塔

織田信雄(おだのぶかつ)は、織田信長の次男で側室・吉乃(きつの)との間に生まれた

%e4%be%9b%e9%a4%8a%e5%a1%94%e7%ab%8b%e3%81%a6%e6%9c%adjpg

%e5%a2%93

 

織田信長公本廟・二の丸

階段を上がると、左手に二の丸の石碑が、右手に織田信長公本廟の石碑がある

%e4%ba%8c%e3%81%ae%e4%b8%b8%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%80%80%e6%9c%ac%e5%bb%9f

奥に進むと、織田信長公本廟がある

秀吉が、信長を弔うために、太刀や着物などの遺品を埋めて建立したいわれる

%e4%bf%a1%e9%95%b7%e5%bb%9f

%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%80%80%e5%bb%9f

天守閣跡

いよいよ天守閣址だ

 

%e5%a4%a9%e5%ae%88%e9%96%a3

天守台

天守は完成してから、わずか3年で本能寺の変の直後、天正10年6月に焼失した

それから長い年月の間、瓦礫と草木に埋もれていた礎石が、昭和15年の調査で発見された

安土城天守は地上6階、地下1階の高層建築だった

現在のこの場所は、地下1階部分になる

%e5%a4%a9%e5%ae%88%e5%8f%b0jpg

天守台から見た景色

信長は、この景色を見ながら天下統一を確信していたのだろうか

%e5%a4%a9%e5%ae%88%e5%8f%b0%e6%99%af%e8%89%b2jpg



スポンサーリンク

総見寺本堂跡

総見寺は信長によって、安土城内に創建された本格的寺院で、天守と城下町を結ぶ百々橋口、途中にあるため、城内を訪れる多くの人が、境内を通って信長のところに訪れていた

本能寺の変直後の火災による焼失は、免れたものの江戸時代1854年に伽藍の中枢部を焼失した

その後、特別拝観場でもある徳川家康邸跡に寺地を移し、現在に至っている

%e7%b7%8f%e8%a6%8b%e5%af%ba

総見寺の三重塔 重要文化財 斜め後ろより撮影

%e4%b8%89%e9%87%8d%e5%a1%94

総見寺・三重塔 重要文化財 正面より撮影

jpg%e4%b8%89%e9%87%8d%e5%a1%94%e3%80%80

総見寺・二王門(桜門) ・ 金剛力士像 重要文化財

信長が安土城の築城に着手し、あわせて総見寺を建てる際に甲賀郡から移建したとされる

%e4%bb%81%e7%8e%8b%e5%83%8f

 

安土城 下城

安土山を下山してもなお、虎口などの石垣が多く残されている

%e8%99%8e%e5%8f%a3jpg

 

まとめ

数多くの有名武将の邸宅跡を、一度に見れるのは安土城だけではないでしょうか?

まるで、歴史アトラクションかなと思うぐらい豪華な顔ぶれです

まだまだこれからだと思って、築城したはずの安土城…

大きな時代の流れの中で、織田信長の最後の住まいが此処だったと思うだけで、胸が熱くなります

 

今回のルートはこちら☝

朝7時前から夕方5時過ぎごろまでで、回りました

下記ルートをクリックすると、各地の詳しい記事が見れます

繖山(きぬがさやま)観音正寺観音寺城安土城セミナリヨ史跡公園沙沙貴神社金勝山・浄厳院

%e6%bb%8b%e8%b3%80%e7%9c%8c

 

読んで見て、行ってみたくなった!楽しかった!って、思われた方がいらっしゃったら幸いです

最後まで、お付き合い下さりありがとうございました☆^ヽ(*^-゚)vThank you♪v(゚∇^*)/^☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA